お知らせ

2019-10-04

一覧に戻る

介護職員処遇改善の取り組み

【介護職員の処遇改善の取り組み】
1.働きながら介護福祉士取得を目指すものに対する実務者研修受講支援や、より専門性の高い介護技術を取得しようとする者に対する喀痰吸引、認知症ケア、サービス提供責任者研修、中堅職員に対するマネジメント研修の受講支援
2.研修の受講やキャリア段位制度と人事考課制度との連動
3.雇用管理改善のための管理者の労働・安全衛生法規、休暇・休職制度に係る研修受講等による雇用管理改善
4.ミーティング等による職場内コミュニケーションの円滑化による個々の職員の気づきをふまえた勤務環境やケア内容の改善
5.非正規職員から正規職員への転換
6.職員の増員による業務負担の軽減
を行っています。

【賃金以外の処遇改善の取り組み】

1.独自の賃金改善の具体的な取り組み内容

資格取得及び外部研修を受講しやすくするため、受講費用を全額会社負担とするとともに受講時間を勤務したものとみなし、賃金を支給する。

2.独自の賃金改善額の算定根拠

受講費用は講習っ実施事業所が定めた額

受講に係る賃金は、通常勤務した場合に支払われる賃金と同額とする。


【処遇改善加算の配布方法】
「グループホームふわり新発寒」
「グループホームふわり藻岩下」
「ヘルパーステーションふわり手稲」
それぞれ介護職員処遇改善加算Ⅰを算定し、毎月各事業所の総労働時間から一人当たりの割合を算出し、処遇改善加算総額を一人当たりの労働時間の割合と職位に応じた係数を乗じ、処遇加算手当として配布します。

【特定処遇改善加算の配布方法】
「ヘルパーステーションふわり手稲」
介護職員等特定処遇改善加算Ⅰを算定し、介護福祉士である管理者またはサービス提供責任者を兼務する介護職員を経験・技能のある職員に位置付け、算定基準に基づき賞与に含め一時金として配布します。
「グループホームふわり新発寒」
「グループホームふわり藻岩下」
それぞれ介護職員等特定処遇改善加算Ⅱを算定し、介護福祉士である管理者または計画作成担当者を兼務する介護職員を経験・技能のある職員に位置付け、算定基準に基づき賞与に含め一時金として配布します。

ページの先頭へ