• TOP>
  • お知らせ>
  • 質の高いケアの実現に向けた資格取得支援

お知らせ

2019-10-01

一覧に戻る

質の高いケアの実現に向けた資格取得支援

【質の高いケアの実現に向けて】
スタッフ全員が、介護福祉士の資格を取得し、認知症介護実践研修の受講を行います。
全員がそのレベルに達する過程を通じて、「介護福祉のプロ」及び「プロを目指す」集団による質の高いサービスを確実に提供します。
1.介護福祉士資格取得について
① 働く環境の整備
介護福祉士実務者研修を修了し、実務経験3年以上の受験資格を得られる様、働きやすく、働き甲斐のある職場環境の整備とともに、有給休暇、育児休業、介護休業などが、取得しやすい環境をつくります。長期休業見込み者がいる場合、代替職員を採用し対応します。
② 研修等受講費用及び受験費用の会社援助
介護員実務者研修、介護技術講習、介護福祉士受験対策講座等の受講に必要な費用を会社が立て替え、受講後2年以上勤務者は費用の返済を免除し個人負担を軽減します。
③ 講習、講座受講の為の休暇取得
会社が指定した研修は勤務扱いとし、その他の講習や講座、受験の為に必須な休暇が取得しやすいように代替職員を確保します。
2.認知症介護実践研修の受講について
3年以上継続勤務したスタッフ全員を会社の費用負担で受講させ、認知症介護スキルを向上させます。

ページの先頭へ